メニュー

腎センター - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

職員専用

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

診療・部門について

腎センターのご紹介

20130225 162140 5336 3 腎センターでは、約200名の患者さんの血液透析や腹膜透析、医師や看護師、管理栄養士による指導や相談を行っています。
当院通院中の患者さんだけでなく、近隣の透析クリニックから入院される患者さんも積極的に受け入れています。
血液透析以外にも持続的血液透析濾過、血漿交換、血液吸着等の特殊血液浄化や腹水濃縮還元も対応しています。

 

血液透析

1 2 血液透析は、主に体外に血液を導き出し、ダイアライザーと呼ばれる人工腎臓の透析膜を介して、拡散やろ過のしくみを用いて、血液と透析液の間で物質(毒素)や水分を移動させ、血液をきれいにします。血液透析機器は、On-Line HDFのできる機器5台を含めて61台あり、午前と午後の2回で約90名の患者さんの治療を同時に行っています。
20151001 114620 7965    

 

腹膜透析

  腹膜透析は、家庭や職場で出来る透析治療です。お腹に入った管(カテーテル)を使ってお腹(腹腔)に透析液を一定時間貯めてから身体の外に排液することで、老廃物や余分な水分を除去します。透析センターでは腹膜透析担当ナースを配置し、透析手技や日常の注意点などの指導相談に対応しています。

 

透析療法選択面談

jin mendan 患者さんの腎臓の機能が徐々に減り、元気に生活するには不十分になってきたら、透析治療や移植について考える必要があります。「外来診察時間内ではゆっくり話が聞けない」「透析と言われて不安でいっぱい」と言った患者さんに、専門の看護師が患者さんの不安な気持ちを聞きながら、時間をかけて説明をします。また、糖尿病性腎症の患者さんへの生活指導も行いますので、外来で主治医にご相談下さい。

 

チーム医療

透析センターでは、医師や看護師だけでなく、臨床工学技士、管理栄養士も関り、また病棟看護師や訪問看護師、リハビリセンター、ソーシャルワーカーとも連携を取っています。週に1度のカンファレンスで情報を共有しながら患者さん個々の「元気な生活」を目指します。
また、2021年1月からは腎臓内科病棟と腎センターの連携が始まりました。この環境の利点を活かして初期の腎臓病患者さんから長期の透析患者さんまで、質の高い医療・看護を提供していきます。 

6    

 

透析患者向け非常食5ヶ条

透析患者向け非常食 5ヶ条 PDFをご覧ください 

 

臨時血液透析をご希望の方へ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在臨時透析は、行っておりません。ご了承ください。 

当院の血液透析について

《透析日当日》

  • 入室時間の目安  午前 9:30~10:30 午後 15:30~16:30 月毎に入室の順番が変わります。

 

《お持ちいただく物》

  • パジャマ、タオル、大判バスタオルまたはシーツ
  • 止血ベルト等、透析に必要な物
  • ティッシュペーパー・血圧ノート・診察券・お薬手帳

 

《お約束事》

  • TV、ラジオ、メディアプレーヤー等を使用される方は必ずイヤホンをお使い下さい。TV(DVD)の使用にはテレビカードが必要になります。透析センター待合室でご購入下さい。1Fエレベーター前で払い戻しも出来ます。
  • 透析中の飲食は血圧低下や誤飲防止のために禁止しています。
  • 重症患者さんが多い場合、入室時間や穿刺時間が遅れる事があります。
  • 入室が遅れる場合やシャント異常健康観察上症状がある場合は事前にご連絡下さい。
  • 密を避けマスクの着用手指消毒などの感染対策には十分注意し透析室内ではフェイスシールドの着用にご協力ください。

 

〒302-0022 茨城県取手市本郷2-1-1
  JAとりで総合医療センター
  TEL 0297-74-5551(代) 平日 8:30~17:00 

 

被災された方へ

災害に遭われ、外来通院されている透析施設と連絡が取れなくなったり、透析が困難になった場合には当院へご連絡下さい。受け入れのご相談をさせて頂きます。