メニュー

脳神経外科 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

職員専用

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

診療・部門について

医師のご案内

氏名役職専門医・資格など
河野 能久
(かわの よしひさ)
部長

医学博士
東京医科歯科大学 臨床教授

日本脳神経外科学会 専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医・指導医

日本神経内視鏡学会 技術認定医

日本脳神経外傷学会 学術評議員・指導医

氏川 彩

(うじかわ たくみ)

医師 日本脳神経外科学会 専門医

近藤 静琴

(こんどう しずこと)

医師  

脳神経外科について

脳神経外科のご紹介

脳神経外科を専門とする3名の常勤医で診療にあたっています。最新の診療技術と診断機器を駆使した脳神経疾患の急性期外科的治療を中心として、慢性期治療や予防医学も担っています。脳血管障害では開頭手術と血管内治療の両方に通じており、幅広い疾患に最適な治療を提供できる体制にあります。脳腫瘍については難度の高い頭蓋底腫瘍や聴神経腫瘍、神経内視鏡手術にも高い専門性を有しています。看護師を始めとした専門スタッフとの連携のもと、脳神経外科チームとして患者さんと一緒に病気と向き合う体制を整えています。

診療内容

脳血管障害

●くも膜下出血:脳の表面を覆うくも膜の下に何らかの原因で出血を来たす病気で、突然の激しい頭痛で発症し、脳を栄養する動脈にできたコブ(脳動脈瘤)の破裂が原因であることが多い疾患です。再出血を繰り返すことで状況が悪化するため、迅速な対応と適切な治療選択が不可欠です。当院では開頭による脳動脈瘤頚部クリッピング、脳血管内治療である脳動脈瘤塞栓術の両方に精通しており、最適な治療を臨機応変に選択、提供できる体制にあります。
●脳梗塞:発症早期(4.5時間以内)に投与することによって後遺症を最小限に抑える可能性のある内科的治療(tPA静注療法)を神経内科と協力のもと積極的に行なっています。さらに近年、脳塞栓症に対する血管内治療(血栓回収機器を用いた急性期再開通療法)の有効性が広く知られるようになりました。当院では医師、看護師、放射線技師による緊密な連携のもと、内科的治療のみでなく、血管内治療を積極的かつ迅速に行なえる体制を整えています。また、脳梗塞再発予防の外科的治療として、頚部頚動脈狭窄症に対する内頚動脈内膜剥離術(CEA)や頚動脈ステント留置術(CAS)なども積極的に行なっており、多くの経験を有しています。
●脳出血:内科的治療に加え必要に応じた迅速な外科的治療に対応し、状況に即した最適な治療を提供できるよう心掛けています。また、リハビリテーションスタッフと緊密に連携し、発症早期から機能回復を目指した積極的治療を行なっています

脳腫瘍

脳腫瘍には良性・悪性、原発性・転移性など非常に多くのものがあり、場所や部位、大きさ、性状、組織型など、様々な因子を考慮に入れて治療法を選択する必要があります。当院では一般的な脳腫瘍だけでなく、頭蓋底腫瘍や聴神経腫瘍など、難度の高い脳腫瘍の外科的治療に関しても経験に基づいた専門性を有し、対応できる体制を整えています。

機能性疾患

三叉神経痛(顔面の激しい電撃痛)や顔面けいれんなど、脳神経を原因とし、生命に直接関係しなくても患者さんには非常につらい病気があります。内服薬によってコントロールできることもありますが、困難な場合には外科的治療(微小血管減圧術)の選択肢があり、奏功率が高いことが知られています。当科では高い専門性を持って内科的治療・外科的治療に対応可能です。 

その他

上記以外の比較的稀な脳血管障害や頭部外傷、頭痛など様々な脳の病気に対応しています。

脳神経外科からのお知らせ

一般社団法人Japan Neurosurgical Database (JND)の手術・治療情報データベース事業への参加について
現在、当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND) 」に協力しています。2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。

解析にあたって提供するデータは、提供前に個人を特定できない形に加工した上で提供しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

本研究の解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、当事業実施責任者の脳神経外科 河野能久にその旨お申し出下さいますようお願い致します。

その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)をご参照下さい。

5JNDposter.pdf(本院で脳神経外科の治療を受けた患者さんへのお願い)へのリンク

2019年05月31日
脳神経外科部長
河野 能久

診療統計

脳神経外科入院統計(2020年度)

脳神経外科入院総数 253
脳腫瘍総数 25
  神経膠腫 4
  髄膜腫 4
  転移性脳腫瘍 9
  その他 8
脳血管障害総数 130
  くも膜下出血 15
  脳出血 43
  虚血性脳血管障害 38
  その他 34
神経外傷総数 88
  急性硬膜外血腫 0
  急性硬膜下血腫 10
  脳挫傷 12
  慢性硬膜下血腫 44
  その他 22
その他 10

脳神経外科的手術の件数(2020年度)

脳神経外科的手術の総数 154
脳腫瘍総数 20
  摘出術 17
  経蝶形骨洞手術

3

  広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術

0

  その他 0
脳血管障害総数 18
  くも膜下出血 6
  未破裂脳動脈瘤 2
  頚動脈内膜剥離術 2
  バイパス手術 0
  脳内出血 6
  その他 2
神経外傷総数 48
  急性硬膜外血腫 0
  急性硬膜下血腫 2
  減圧開頭術 0
  慢性硬膜下血腫 46
  その他 0
水頭症手術総数 11
微小血管減圧術 3
血管内治療総数 47
  脳動脈瘤塞栓術 14
  頚動脈ステント留置術 6
  血栓回収療法 18
  その他 9
その他 7