メニュー

薬剤部 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

診療・部門について

薬剤部長挨拶  薬剤部長:圓崎 信也

当院薬剤部は、常勤薬剤師21名、薬剤助手7名で調剤、服薬指導、抗がん剤、TPNの無菌調製、医薬品情報、製剤等を行っています。また、チーム医療の一員としての病棟業務をはじめ、感染、緩和、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡、化学療法などの他職種で構成された様々な委員会にも所属しています。
個々の患者さんに、最適で安心かつ安全に薬物療法が行えるように、医薬品の適正使用を推進し、専門的知識の習得と技術向上に努めています

20160621 175006 1490

 

 

調剤業務

処方せんの内容について、投与量・飲み方・飲み合わせ・副作用などをチェックし、患者さん一人一人に適した形で内服薬や外用薬の調剤を行います。患者さんにとって、より安全で効果的な薬物治療のお手伝いを目指しています。

20160621 175249 4509 20160621 175250 9333

注射薬調剤業務

処方せんの内容について、投与量・経路・速度・期間などのチェックを行い、注射薬の調剤を行います。
注射薬は内服薬よりも効果が高いため、安全で適切に使用することが重要です。薬剤師が注射処方箋により個人別に調剤し、注射薬の適切な使用に貢献しています。

20160621 175351 5475 20160621 175352 7179

抗がん剤・高カロリー輸液調製(混注)業務

クリーンルームでは抗がん剤や高カロリー輸液の無菌的な調製を行なっています。注射薬の中には、混合すると濁ったり、薬の効力が落ちたりするものもありますので、これらも事前にチェックします。

20160621 175442 1571 20160621 175442 6588

 

 

がん化学療法管理業務

レジメン管理を実施しており、レジメンに基づいた処方チェック(投与量・投与スケジュール・投薬経路・プレメジ・過去歴)を実施しています。最近のがん治療は複雑性を増してきており、様々な薬の組み合わせで投与されます。抗がん剤チームでは、院内のがん治療情報を収集管理し、薬剤師の目でみた安全な治療に取り組んでいます。

20160621 175603 1214 20160621 175621 5137 20160621 175704 2980 20160621 175706 1860

薬剤管理指導業務(チームカンファレンスへの参加)

入院患者さんに薬の情報を提供・指導し、また、処方された薬が患者さんに合ったものか・飲み合わせに問題はないかなどをチェックし、副作用の防止・早期発見に努めています。また、医師・看護師・その他の医療スタッフと連携をとり、患者さんに最も適した安全で効果的な薬物療法が行なわれるように、チーム医療の一員として業務に携わっています。

20160621 175845 4946 20160621 175845 6957 20160621 175942 9907

 

製剤業務

消毒薬、院内製剤および市販されていない特殊な薬品の製造・供給を行っています。

20110305 093353 1051 20110305 093353 2920

 

医薬品情報管理業務(DI業務)

20160621 180032 2248

 薬の有効性、安全性、相互作用などの情報を院内に発信し、医師、看護師からの薬に関する問合せにお答えしています。

 

 

薬品管理業務

薬品管理室では、病院で使用する医薬品の発注と在庫管理を行っています。

20160621 180032 2248 20160621 180106 4035

組織図

日本病院薬剤師会生涯研修履修認定 6名 6名
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 15名 15名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 4名 4名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 2名 2名
日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 7名 7名
抗菌化学療法認定薬剤師(日本化学療法学会) 1名 1名
感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会) 1名 1名
NST専門療法士(日本静脈経腸栄養学会) 2名 2名
日本糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構) 1名 1名
ケアマネージャー 1名 1名
日本薬剤師研修センター実務研修生受入施設