メニュー

患者さんの声 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

職員専用

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

当院について

 

患者さんの声とは

当院では「患者さんの声」と称し、当院をご利用いただいた患者さんの疑問、要望、苦情をお寄せいただき、皆様が満足できる、やさしい病院作りに役立てております。
この「患者さんの声」は当院一階の待合ロビーにも掲示しております。

 

「患者さんの声」の回答について

次の項目に該当しないものについて公開いたします。

  1. 個人のプライバシーが回答することにより明らかになるもの
  2. 内容を調査のうえ内容が明らかに異なるもの
  3. 個人を誹謗・中傷するもの

病院長

お礼の投書 苦情・要望

2018年10月

苦情・要望 (長文のため要約)

 〔設備・その他〕

1.検査

 医師が新しくなり、患者が八十歳を過ぎると、あまり検査をしてくれません。心筋梗塞や脳梗塞などの検査をして下さい。お願いします。

回答

 臨床的な症状(胸痛、痺れ、めまい等)があり、必要があれば検査を行います。高齢ということで検査をしないことはありません。当院は保険医療機関であることをご理解いただき、症状があれば診察時に申し出てください。症状のない方で心筋梗塞、脳梗塞がご心配の方は当院の人間ドックで検査も行っておりますので、ご希望があれば担当医または健康管理センター窓口までご相談いただければと思います。

 

2.売店の棚卸しについて

 9月30日(日)に売店が棚卸しのため休みでした。土、日曜日にしか家族が来られない人もいるので、オムツ等買いに外に出なければなりません。月末の棚卸しが休日にあたった場合、時間をずらして、少しでも営業できないのでしょうか。

回答

 月末棚卸しは上部監査機構よりの指示のため、営業時間延長については誠に申し訳ございませんが、ご要望にお応えすることができません。7月と1月以外のときは、緊急用品に対しての販売は現在も行っております。内部検討の結果、現時点まではお釣りの対応ができなかったため、お断りさせていただいた方に対しても対応できるようになりました。緊急用品販売に対してのお知らせは、現行通り当日3回の営業時間終了のお知らせとともに放送して参ります。

 

3.病棟内巡回売店

 以前、子供の突然の付き添いで感じたことです。幼い子供の目を離すことができず、自分の口に入れるもの(食事)の面で大変でした。飲料は自販機有りでしたが、売店に行くのもままならず。各階に巡回売店があったらすごく助かります。入院している方で、歩行がままならない人とかいると思います。きっとみんな笑顔になります。考えていただけたらありがたいです。スタッフの方にも一声かけて聞いてみてはどうでしょうか。JAとりで総合医療センターがますます発展しますように。安心して入院できるのが大事だと思います。地域一番の病院を目指して下さい。

回答

 病棟内各階巡回による販売の件、さっそく内部会議にはかり、慎重に検討させていただきました。その結果、誠に申し訳ございませんが、今回はご要望にお応えすることができません。病棟内は治療を目的としている場所であり、食事制限や重篤な患者さん等もいらっしゃり、治療の妨げや気分を害する患者さんやご家族もいらっしゃると考えられます。また、保健衛生面上を考慮しますと、現状の店舗での販売のみが妥当と考えられます。

2018年9月

苦情・要望 (長文のため要約)

〔設備・その他〕

1.喫煙

 バス停で喫煙していた輩がいました。院内外はすべて禁煙ですよね。注意を促して下さい。

回答

 ご指摘の通りバス停も含めて院内外はすべて禁煙となっております。職員もこの認識をもとに喫煙者に対しては注意を促していきます。当院をご利用される方々もご理解とご協力をお願いします。

 

2.診断書、証明書等の文書の記入について

 障害年金請求用に、『受診状況等証明書』の記入をお願いしたいのですが、どのような手続きをしたら、良いですか?受付時間、必要な物、本人以外でも可能か、教えて下さい。

回答

 申請書類関係についての受け場所は、内科、脳外科で受診された内容であれば中央受付で、他の診療科はそれぞれの外来診察窓口で受付いたします。時間は午前八時三十分~午後五時(外来診療日)。申請する方は、ご本人様以外でも可能ですが、可能であればご本人様の診察券をお持ちください。

また、作成時間は、3週間以上かかる場合もございます。ご了承ください。

2018年5月

苦情・要望 (長文のため要約)

〔システム〕

1.胃カメラ検査(胃内視鏡検査)について

 胃カメラ検査の時、麻酔で出来ますか?以前の検査で大変苦しい思いをしましたので。本医院ではありませんでしたが。

回答

 胃痛などの症状がある場合、消化器内科を受診してから医師にご相談の上、内視鏡検査になります。その際軽く眠れる薬を使用する場合もありますが、医師とのご相談となります。

胃の症状がない場合の内視鏡ご希望ですと、健康管理センターでの予約となります。

その際、基本的な人間ドックのプランを受けて頂き、オプションでの内視鏡検査となります。

人間ドックの場合、眠れる薬剤を使用しての実施は行っておりませんのでご了承ください。

2018年4月

苦情・要望 (長文のため要約)

〔設備・その他〕

1.難病申請及び指定医療機関について。

 妻が膠原病(全身性強皮症)との診断を受けました。難病申請を行う関係で近傍にある指定医療機関を記載しようと考えておりますのでお尋ねします。貴病院は上記の病気を含む難病の「指定医療機関」でしょうか?

回答

 当院は、指定医療機関病院です。診察の際は、紹介状をお持ちいただきご来院ください。

ご不明な点は、総合受付までお問い合わせください。

2018年3月

お礼の投書 (長文のため要約)

1.五階南病棟

母の手術をしていただきまして、ありがとうございました。説明もよく分かりました。本当にありがとうございました。

 

2.四階東病棟

看護師さんの動きが素晴らしい。明るい。前向き。

 

2018年2月

お礼の投書 (長文のため要約)

1.感謝のことば

 〇〇先生に手術をしていただいて、半分諦めていた人生、私は今生きています。先生に出会えたのは宝くじに当たったようなものだと思います。とても感謝しております。

 □□先生は、いつもニコニコ、年寄りを馬鹿にせずきちんと説明して下さいました。本当に嬉しかったです。□□先生の笑顔に癒されました。

 看護師の△△さん、◇◇さんは、とても好青年です。忙しいときでも頼まれると嫌な顔一つせず、きちんと仕事を引き受けて下さいました。ありがたいです。

回答

 お褒めのことばをいただき、誠にありがとうございました。これからも患者さんのお気持ちを推し量り、心ある医療をお届けできるよう、精進していきたいと思います。

 

苦情・要望 (長文のため要約)

〔設備・その他〕

1.婦人科受診と女性医師による診察について

 婦人科を受診したいのですが、女性のお医者さんを希望でしますか?

回答

 希望可能です。婦人科は完全予約制なので、婦人科外来にお電話いただいて(午後2時~4時30分)その際に女性医師希望をお伝えください。女性医師の診療日をご案内します。

 

2017年11月

苦情・要望 (長文のため要約)

〔システム〕

1.胃カメラ

 胃カメラを口からではなく、鼻からの挿入検査にして欲しい。

回答

 十年以上前から当院でも経鼻内視鏡のスコープを導入しており、一時期はかなりの件数を行っていたこともございます。確かにスコープが細いために患者さんの苦痛が少なく、声を出せるということは患者さんの精神的な負担も軽減するメリットもあるかと思います。しかし、患者さんが考えられている以上に経鼻内視鏡検査の前処置(咽頭と鼻腔両方の麻酔)に時間がかかる点、約十%弱の確率で左右の鼻腔ともに入りにくい人が存在する点、さらには偶発症としての鼻出血があるため、抗血小板薬や抗凝固薬を内服されている方には難しいといった点が欠点としてあきらかとなって参りました。さらには、スコープそのものの技術的な面として、搭載されているccdカメラの解析度や視野角、光の強度、処置を含めたスコープの操作性など、残念ながらほぼすべての技術面において経鼻内視鏡は経口内視鏡に及びません。さらにその結果として経鼻内視鏡における病変(特に早期胃癌)の見落としの確率が有意に高いという論文も出たため、当院でも従来の経口内視鏡スコープが主体の検査に戻ってしまったという経緯がございます。現在、消化器臨床の現場では、経鼻内視鏡は苦痛の軽減目的に主に開業医を中心に普及しており、消化器内視鏡の専門病院では基本的には経口内視鏡で施行する施設がほとんどとなっております。最近は各内視鏡メーカーの努力で性能面の改善はかなりされてきてはいますが、総合的に経鼻内視鏡が経口内視鏡と肩を並べられるようになるには、もうしばらく時間を要するものと考えております。この点を十分にご理解いただき、その上で経鼻内視鏡をご希望されるようであれば、各科外来担当医にお申し出下さい。

 

〔設備・その他〕

1.トイレの表示板

 内視鏡側の身障者用トイレの使用中の表示がずっと変わらなかった。使用中のときはランプがつくようなシステムに変更してほしい。

 回答

 空室/使用中、の表示板をつけます。

 

2.トイレのカバン掛けの棒

 1階の売店そばの女子トイレのドアのカバン掛けの棒が曲がって(下に下がっている)いて、薬の袋を掛けたら、落ちてしまった。トイレのふたが開いていたら、大変でした。

 回答

 大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。ねじを締め直して固定いたしました。

 

3.食事について

 いつも患者の身体を考え、食事を作って下さいまして、ありがとうございます。大変申し上げにくいのですが、昼食にカレー南蛮が出たのですが、食べるときにはそばがのびて、ふやけた状態です。うどんを使った方が良いのではないかと思います。

 回答

 貴重なご意見ありがとうございました。今後とも、食材や調理方法の検討をはかり、喜ばれる食事を提供していきたいと思います。

 

4.眼科

 無知な高齢者の患者に対し、町の眼鏡屋の男性が診察室であたかも医師の如くふるまい、当病院の用紙、封筒を利用し、診療内容と眼鏡使用を記し、眼鏡屋の名刺と共に患者(白内障など)に渡すのは解せない。他の眼科医院でも同様なことがあり、半強制的に眼鏡を作らされ、ガラスのレンズで大変不便な思いをした。(現在、大半は軽いプラスチックレンズだ)

 回答

 通常の眼科診療の検査は視能訓練士が検査しております。眼鏡外来につきましては、眼鏡専門の方に、眼鏡処方に関する視力測定及び実際に処方して装用できるのかを調べる装用検査をお願いしております。眼鏡装用検査後は医師が必ず眼鏡処方に関する検査が適切であったのかを確認しております。なお、眼鏡購入に関しましては、病院指定の眼鏡店はありませんので、患者さんが行きやすい眼鏡店に行っていただくように説明しております。

 

院内運営委員会