メニュー

脳神経外科 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

診療・部門について

医師のご案内

氏名役職専門医・資格など
河野 能久
(かわの よしひさ)
部長 医学博士
日本脳神経外科学会 専門医
日本脳神経血管内治療学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
上田 泰弘
(うえだ やすひろ)
科長 日本脳神経外科学会 専門医
荒井 雪花
(あらい ゆきか)
医師  

脳神経外科について

脳神経外科のご紹介

脳神経外科を専門とする4名の常勤医で診療にあたっています。最新の診療技術と診断機器を駆使した脳神経疾患の急性期外科的治療を中心として、慢性期治療や予防医学も担っています。脳血管障害では開頭手術と血管内治療の両方に通じており、幅広い疾患に最適な治療を提供できる体制にあります。脳腫瘍については難度の高い頭蓋底腫瘍や聴神経腫瘍、神経内視鏡手術にも高い専門性を有しています。看護師を始めとした専門スタッフとの連携のもと、脳神経外科チームとして患者さんと一緒に病気と向き合う体制を整えています。

診療内容

脳血管障害

●くも膜下出血:脳の表面を覆うくも膜の下に何らかの原因で出血を来たす病気で、突然の激しい頭痛で発症し、脳を栄養する動脈にできたコブ(脳動脈瘤)の破裂が原因であることが多い疾患です。再出血を繰り返すことで状況が悪化するため、迅速な対応と適切な治療選択が不可欠です。当院では開頭による脳動脈瘤頚部クリッピング、脳血管内治療である脳動脈瘤塞栓術の両方に精通しており、最適な治療を臨機応変に選択、提供できる体制にあります。
●脳梗塞:発症早期(4.5時間以内)に投与することによって後遺症を最小限に抑える可能性のある内科的治療(tPA静注療法)を神経内科と協力のもと積極的に行なっています。さらに近年、脳塞栓症に対する血管内治療(血栓回収機器を用いた急性期再開通療法)の有効性が広く知られるようになりました。当院では医師、看護師、放射線技師による緊密な連携のもと、内科的治療のみでなく、血管内治療を積極的かつ迅速に行なえる体制を整えています。また、脳梗塞再発予防の外科的治療として、頚部頚動脈狭窄症に対する内頚動脈内膜剥離術(CEA)や頚動脈ステント留置術(CAS)なども積極的に行なっており、多くの経験を有しています。
●脳出血:内科的治療に加え必要に応じた迅速な外科的治療に対応し、状況に即した最適な治療を提供できるよう心掛けています。また、リハビリテーションスタッフと緊密に連携し、発症早期から機能回復を目指した積極的治療を行なっています

脳腫瘍

脳腫瘍には良性・悪性、原発性・転移性など非常に多くのものがあり、場所や部位、大きさ、性状、組織型など、様々な因子を考慮に入れて治療法を選択する必要があります。当院では一般的な脳腫瘍だけでなく、頭蓋底腫瘍や聴神経腫瘍など、難度の高い脳腫瘍の外科的治療に関しても経験に基づいた専門性を有し、対応できる体制を整えています。

機能性疾患

三叉神経痛(顔面の激しい電撃痛)や顔面けいれんなど、脳神経を原因とし、生命に直接関係しなくても患者さんには非常につらい病気があります。内服薬によってコントロールできることもありますが、困難な場合には外科的治療(微小血管減圧術)の選択肢があり、奏功率が高いことが知られています。当科では高い専門性を持って内科的治療・外科的治療に対応可能です。 

その他

上記以外の比較的稀な脳血管障害や頭部外傷、頭痛など様々な脳の病気に対応しています。

 

 

脳神経外科からのお知らせ

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に2015年1月1日より参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます.

1.NCDに登録する情報の内容

2014年1月1日以降、当科で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)を登録します。NCDに患者さんのお名前を登録することはなく、氏名とは関係のないIDを用いて登録します。IDと患者さんを結びつける対応表は当科で厳重に管理し、NCDには提供しません。

2.登録する情報の管理・結果の公表

登録する情報は、それ自体で患者さん個⼈を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。
当科及びNCDでは登録する情報の管理にあたって、情報の取り扱いや安全管理に関する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。
データの公表にあたっては、NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどなたのものであるか特定されることはありません。

3.登録の拒否や登録情報の確認

データを登録されたくない場合は、登録を拒否して頂くことができます。当科のスタッフにお伝えください。
また、登録されたご自身のデータの閲覧や削除を希望される場合も、当科のスタッフにお知らせください。なお、登録を拒否されたり、閲覧・修正を希望されたりすることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

4.NCD担当者の訪問による登録データ確認への協力

当科からNCDへ登録した情報が正しいかどうかを確認するため、NCDの担当者が患者さんのカルテや診療記録を閲覧することがあります。
当科がこの調査に協力する際は、NCDの担当者と守秘義務に関する取り決めを結び、患者さんとIDの対応表や氏名など患者さんを特定する情報を院外へ持ち出したり、口外したりすることは禁じます。
本事業への参加に関してご質問がある場合は、当科のスタッフにお伝えください。また、より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)ホームページ URL: http://www.ncd.or.jp/

2016年05月15日
脳神経外科部長
河野 能久

診療統計

脳神経外科入院統計(2015年度)

総数 231
脳血管障害 101
脳出血 64
  被殻出血 14
  視床出血 15
  脳幹出血 5
  小脳出血 8
  皮質下出血 19
  脳出血(部位不定) 3
くも膜下出血 16
  内頚動脈瘤 2
  中大脳動脈瘤 5
  前交通動脈瘤 
  椎骨動脈瘤 0
  脳動脈瘤破裂(部位不定) 4
  特発性 
未破裂脳動脈瘤
解離性脳動脈瘤 3
もやもや病 0
脳動静脈奇形 2
海綿状血管腫 2
硬膜動静脈瘻 3
脳梗塞  10 
頭部外傷 92
  脳挫傷  10 
  急性硬膜下血腫 17
  急性硬膜外血腫 3
  外傷性くも膜下出血 4
  脳震盪症 8
  慢性硬膜下血腫 47
  その他 3
脳腫瘍 17
  神経膠腫 3
  髄膜腫 2
  転移性脳腫瘍 10
  その他 
その他 21

脳神経外科的手術の件数(2015年度)

脳神経外科的手術の総数 107
脳腫瘍
・摘出術 8
・生検術 (開頭術)

1

脳血管障害
・破裂動脈瘤 10
・頸動脈内膜剥離術 4
・バイパス手術 1
・高血圧性脳内出血 (開頭血腫除去術) 7
・その他 1
外傷
・急性硬膜下血腫 3
・慢性硬膜下血腫 48
・その他 1
水頭症
・脳室シャント術 3
・その他 12
血管内手術
・その他 1
その他:上記の分類すべてに当てはまらない 7