メニュー

血液内科 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

診療・部門について

医師のご案内

氏名役職専門医・資格など
伊藤 孝美
(いとう たかよし)
部長 血液内科専門医
総合内科専門医
臨床研修指導医
医学博士
筑波大学医学群臨床教授
小川 晋一
(おがわ しんいち)
科長 内科認定医
血液内科専門医
宮本 佳奈
(みやもと かな)
非常勤 認定内科医
血液内科専門医(予定)

血液内科について

血液内科のご紹介

 当院の血液内科は平成12(2000)年度に開設され、平成27年度からは常勤2人体制となり、さらに今年度からは非常勤医1名が病棟診療に加わりました。入院・外来診療ともにますます充実して行えるようになっております。
 当院で扱っている血液疾患は白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等の造血器腫瘍から、再生不良性貧血、溶血性貧血、血小板減少性紫斑病を含めた多岐にわたっています。また、2011年11月よりJALSGに参加しており、日本の造血器腫瘍の治療成績や治療の質の向上にかかわる臨床研究を行っています。
 2016年度の血液内科の入院患者数は約160名と前年度と同水準でした。入院症例の内訳は急性骨髄性白血病9例、急性リンパ性白血病3例、悪性リンパ腫51例、多発性骨髄腫19例、骨髄異形成症候群14例、慢性骨髄性白血病2例、その他の骨髄増殖性疾患5例、特発性血小板減少性紫斑病5例、再生不良性貧血1例などでした。のべ入院患者数は昨年とあまり変わらなかったのですが、一人あたりの平均入院日数は約31日とかなり短縮しました。これは入院患者の平均年齢は70.5歳と昨年度と変わらなかったにもかかわらず、幸いにも重症の方が少なかったことが影響しているかと思われます
 外来は2人とも週2回の予約外来(火・木午前、木・金午後)を行っている他、週1回の新患外来(金)があります。また、土曜日にも非常勤で筑波大学血液内科教授の外来診療を行っております。通常の外来診療以外にも、骨髄穿刺検査・輸血・化学療法のような検査や治療なども行います。なお、患者さんのご紹介は病診連携室を通していただけるとあまりお待たせしないで済むかと思います。ただし、白血病が疑われる場合など緊急性が高い場合は、電話などで直接ご連絡いただけると助かります。
 治療は県内の関連施設が集まって毎年改訂・作成するマニュアルをもとに行っています。急性白血病の治療で必要な無菌室は昨年新たに2床更新しました。その他に以前に使用していた可動式の無菌室が2床、ベッドアイソレータ(無菌ベッド)が1台あります。また、治療の際には病態・疾患をできるだけわかりやすく患者さんに説明するよう常に心がけ、不安を少しでも軽減するように努めております。
 移植に関しては、自家造血幹細胞移植を行う体制をほぼ整えております。適応と思われる症例については今後積極的に受け入れたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。ただし、同種移植については当院では行えないため、筑波大学関連病院等と随時連絡をとり、適応および施行施設・予定日などの検討をしています。

認定施設状況

2011年 4月 「血液内科学会認定研究施設」認定
2011年11月 「JALSG(日本成人白血病研究グループ)」参加

診療統計

2015年度年度造血器腫瘍等入院患者リスト

急性骨髄性白血病(AML)

 

年齢

(平均)

寛解・軽快 加療継続中 死亡    
初発  9例

52〜84

(70.9)

7 2 1 5

   
再発  1例 83 1 0 0

0

1    
急性リンパ性白血病(ALL)

 

年齢
(平均)
男  女  寛解・軽快 加療継続中 死亡    
初発  3例

39~82

(55.3) 

2 2 1    
再発  1例 73  1 0    
慢性骨髄性白血病(CML)

 

年齢

(平均) 

男  女  軽快・不変 入院加療中 死亡    
初発  0例                
急性転化  0例                
悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)

 

年齢

(平均) 

 男 女  寛解・軽快 不変 加療中 死亡  
初発  32例

32~84

(66.4) 

19  13  12 3 11 6  
再発  14例 

62~82

(72.9) 

7

0

0 10 4  
多発性骨髄腫(MM)

多発性骨髄腫

(MM) 

年齢

(平均) 

男  軽快 不変

治療

継続中

死亡  
初発 12例

45~81

(66.8) 

6 6 0 1 11 0  
継続例  13例

64~88

(71.8) 

3 10 0 1 6 6  
骨髄異形成症候群(MDS)

 

年齢

(平均) 

男  軽快 不変  増悪 加療中 死亡
初発 8例

57~83

(74.0) 

6 2 0 1 1 2 4
継続例  7例

72~83

(78.7) 

3 4 0 1 3 1 2

その他(入院症例)  

ホジキンリンパ腫 3例

慢性リンパ性白血病等 3例
特発性血小板減少性紫斑病 2例

再生不良性貧血 1例
骨髄不全等 3例

その他血液疾患など 7例      

(のべ入院数 164名)

疾患別入院患者数の推移

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
急性白血病 13 10 11 13 14
悪性リンパ腫 38 35 49 41 49
多発性骨髄腫 15 15

9

9 25
骨髄異形成症候群 11 14 13 11 15
その他の造血器腫瘍 1 3 3 4 7
その他血液疾患 9 12 11 10 6
血液疾患以外 1 2 1 1 3
症例数合計 88 92 97 89 119
のべ入院合計 115 116 123 122 164