メニュー

臨床研修医募集 - JAとりで総合医療センター|質の高い地域医療・救急医療を提供します

0297-74-5551

メールでのお問い合わせ

accessフロアマップ

JAとりで総合医療センター

職員専用
accessフロアマップ
0297-74-5551メールでのお問い合わせ

採用情報

臨床研修医募集について

JAとりで総合医療センターでは、平成30年度臨床研修医を募集しています。
充実した研修制度で、あなたのスキルアップをサポートします。
応募を希望される方はこちらのお問い合わせからご連絡下さい。
お問い合わせ

募集要項

募集人数 5名 
募集内容 当院の初期研修プログラムで2年間の卒後臨床研修を希望する者
研修開始日 平成30年4月1日
応募資格 医師免許取得者 (平成29年112回医師国家試験を受験する者を含む)ただし既に他の病院等で臨床研修またはこれに準ずる診療業務を行ったことがない者 
提出書類 ・願書(当院指定用紙) word版 PDF版
・履歴書(当院指定用紙 写真添付) word版 PDF版
・大学の推薦状 
選考方法 小論文及び面接試験
応募方法 受付時間 13時45分 New
ご不明な点は下記の担当者に連絡してください。 
試験日 試験日 平成29年8月18日(金)
*当院はマッチングに参加します。従って採用はその結果によります。 
問い合わせ 研修コーディネイター 塚崎・谷口

待遇

給与 1年目 350,000円 2年目 450,000円 
  その他 通勤手当、住宅手当、宿直手当が支給されます
移転(引越料)、入居時費用補助あり 
年収 約500~800万円(月4回当直を行った場合) 
社会保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険あり 
医師賠償責任保険 任意加入 

 

研修責任者

 冨滿 弘之

 

応募連絡先・お問合せ

 TEL 0297-74-5551㈹  庶務課 玉田(内線2357)

 

Topics for Residents

Topics for Residents 1610

 

 

初期研修情報

当院のご案内

病院名 JAとりで総合医療センター
開設者 茨城県厚生農業協同組合連合会
病院長名 新谷 周三
所在地 〒302-0022 茨城県取手市本郷2-1-1
電話 0297-74-5551
FAX 0297-74-2721
mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

最寄りの駅

交通機関

JR常磐線取手駅下車,バス5分
  当院は「親切で迅速な診断・治療」を前面に掲げ,インフォームド・コンセントを徹底し,全科をあげてセカンドオピニオンを推進している。また臨床上の指標を年報に載せて自己評価も怠らず、「明るく,患者さんに頼られる病院」を目指している。このような点から、初期研修に適した病院と思われる。
病院の沿革・特徴 昭和51年,茨城県厚生連の病院として開設され,昭和58年に総合病院として承認を得て,現在に至っている。平成6年に第3期増改修工事を経て,茨城県南の公的基幹病院としてますます充実発展を続けている。開設以来,救急活動には特に力を入れ,全科で緊密な連絡を取り合い,患者さんに対してきめ細かな診療を実践している。

 

研修責任者から研修医希望者へ一言

臨床においては分析的能力と共に,情報や所見及び知識の統合能力とそれに基づく判断能力が,患者さんの病気の的確な診断と治療の実践に不可欠である。この訓練を持続して繰り返す事が初期研修には大事と思われる。当院はスタッフや設備も含めて,その様な研修医教育に良好な環境と思われる。

 

プログラムの目的と特徴

卒後2年の初期臨床研修として,臨床医としての内科的及び外科的基本的知識と技術を徹底的に訓練して習得するとともに,患者から得られた所見や情報を統合する能力の育成に力を入れる。この医師としての統合能力がプライマリ・ケアにおける素早い判断と適切な処置につながる。当院における各科の緊密な連携や,コメディカルとの協力体制は、初期研修を行うのに最適な環境である。 図1

 

研修の期間割り:1年次研修コース

1年次は内科 6ヶ月、救急 3ヶ月、外科・麻酔 1ヶ月、選択 2ヶ月

4月~9月 内科
10月~11月 救急
12月 救急 外科麻酔
1月

外科麻酔

2月∼3月

選択科

修医1年 コース例

4月~5月 循環器内科
6月~7月 脳神経外科
8月~9月 呼吸器内科
10月~11月 救急
12月・1月  
2月~3月 神経内科

 

研修の期間割り:2年次研修コース 

2年次は小児科・産婦人科・精神科 1ヶ月、地域医療 1ヶ月、選択科 10ヶ月

4月 地域医療
5月

小児科 産婦人科 精神科

6月~3月 選択科

 

 研修医2年 コース例

4月 地域
5月 精神
6月 救急
7月~3月 麻酔科

研修内容:コアとなる診療科

 

診療科目 主な研修内容
内科 循環器科,消化器科,腎臓内科,呼吸器科,神経内科,血液内科・内分泌代謝内科,膠原病内科の8つの診療グループのローテイトを基本とし,各専門分野で最先端の診療を学びながら,内科全体として頻回にカンファレンスを行い,患者の病態変化に総合的に対応することを学ぶ。
小児科 小児のプライマリ・ケアに必要な技術を習得するとともに新生児疾患を含め多様な疾患の診断と治療を学ぶ。主要な診療分野はアレルギー(主として気管支喘息),新生児,神経,循環器,腎臓,内分泌,及び救急である。
外科 医療に関する基本的なことの理解と習得の上に外科的知識,技能,態度を身につけさせる。さらに消化器外科を中心に乳腺外科,血管外科を修得,腹腔鏡下各種手術や内視鏡的治療といった最先端の治療もルーチンの医療行為として体験させる。一方で,癌のターミナルケアやストーマの会や乳腺術後,胃切術後の患者会を通して幅広い医療内容を網羅することを可能としている。
産婦人科 産科,婦人科を総合的,専門的に学べる体制を整えている。産科では産科救急を中心にハイリスク妊婦を小児科と連係して学ぶことを中心とし,婦人科では良性,悪性腫瘍を中心に全分野に渡り,幅広い知識を修得することを目標としている。

 

研修内容:選択科となる診療科

 

泌尿器科 悪性腫瘍,尿路結石,尿路感染,外科的内分泌疾患および神経因性膀胱について泌尿器科的検査法を通じて診断法を学ぶ。定時カンファレンスでは,研修医の計画した検査,治療方針を医学的,社会的に妥当なものかについて指導医と議論を行う。
脳外科 頭部外傷,脳血管障害,脳腫瘍等の脳神経外科の主要疾患について,診断方法,病態生理を学び,治療方針を立てられる様にする。
また,緊急性の評価能力を養い,緊急事態に対処できる能力を身につける。
手術は開頭手術から血管内治療まで最先端の手技を経験できる
整形外科 股関節疾患・脊椎疾患を中心とした慢性疾患の最新・最高の検査・治療法を学ぶことができる。その他整形外科医の基礎となる骨折を中心とした各種外傷に対する最新の治療法を学ぶことができる。
放射線科 主にCT,MRI,血管造影,透視検査の現場にたちあい,基本的な検査の手順と手技,各検査の適応と禁忌を学ぶ。
読影を実際に行い,基本的な知識を身につける。
麻酔科 全科を対象とした臨床麻酔とペインクリニックを担当している。
全身麻酔だけでなく,脊椎麻酔,硬膜外麻酔,各種神経ブロック等も研修する。術前カンファレンス,術前回診,周術期管理,術後回診を指導医師とともに担当し,その後の麻酔科全医師による術後症例検討に参加して全身管理について学ぶ。ペインクリニックでは,神経ブロックを中心とした治療方法だけでなく痛みの診断学も研修する。
精神科 プライマリ・ケア臨床において,正しい精神医学的診断,治療を実施し,適切なケア指針を提示できるようにする。総合病院において比較的多く遭遇する,諸心身症・ストレス関連疾患,持続する不安・不眠・抑うつ・興奮・心気・持続する「不定愁訴」に対処できるようにする。(茨城県こころの医療センターでの研修)

研修医の主な出身大学

東京医科歯科大学・筑波大学・群馬大学・旭川医大・福島県立医大・慶応大学・日本大学など

 

研修中の人員

1年次生 7名(管理型 3名)  2年次生 7名(管理型 2名)

 

研修医リレーエッセイ

榊原研修医

初期臨床研修医 

榊原 秀樹

当院は茨城県南部から千葉県北部までをカバーする中核病院であり、広大な医療圏を背景として、common diseaseから難渋例まで幅広く経験することが出来ます。救急外来は研修医がfirst touchし、鑑別を挙げ必要な検査を行います。一症例ごとに上級医のfeedbackを得られるため、臨床能力を磨くことができ、とても勉強になります。また教育的・協力的な上級医・コメディカル達のもと、早期から多様な手技を経験できます。研修科や内容についても研修医の意思を尊重してくれるので、目的を持って研修に臨めば充実した2年間になると思います。

 

 

 

病院見学のご案内

研修医たちが当院でどういった研修をしているのかを知っていただくために、ローテーション中の研修医に密着していただきます。外来や病棟では、研修医とともに患者さんの問診・診察を行ったり、プロブレムリストを作成してみて下さい。
*見学科の希望があればお申し出下さい。

Aコース : 研修医一日体験コース

午前 研修医とともに業務に参加する
お昼休み
午後

病棟業務や手術

  • 空き時間にERやオリエンテーション
  • 夕方カンファレンス等

 

Bコース : ER重点コース

第2.5次救急の現場で、当院の研修医たちと一緒に働けます。救急医が平日毎日出ていますので、子供から大人まで色々な症例が診れます。

午前・午後 担当指導医・研修医と一緒にER業務に参加

病院見学の申し込みについて

 予約を随時行っております。
但し、都合により希望日に見学できない場合があります。

 

見学対象者

 初期及び後期臨床研修医を目指す方

 

問い合わせ

TEL:0297-74-5551
E:mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
臨床研修コーディネーター:塚崎・谷口

研修医の一日のご案内

産婦人科でのある一日  
DSCF5564 7:45 病棟回診 手術患者のルート確保など
8:30 病棟業務(血液検査のチェックやカルテ記載)
DSCF5557

10:00 帝王切開のための手術室へ
11:00 病棟業務 (血液検査のチェックやカルテ記載)

12:00 昼食

DSCF5543

 

13:00 手術(腹腔鏡下付属器切除術でカメラ持ちの補助)
DSCF5576

16:30 病棟へ戻り、術後のケアやオーダー入力等の補助

 

DSCF0726

 

 

17:00 カンファレンス
(自分の受け持ち症例についてプレゼン)
DSCF5560

18:00 残っている病棟業務や診療など

 

 

 

 

19:00 業務終了