メニュー

新人教育 - JAとりで総合医療センター看護部|高度医療から在宅医療まで

教育体制・キャリア支援

新人教育委員会の目標

Ⅰ 新人看護師が職場に適応できるように精神的支援をする。

  1. 各部署で適宜、新人の言動・行動に興味や関心をもって関わる。
  2. 新人の変化に注意し、プリセプター、アソシエイト、所属長と情報共有しながら支援していく。
  3. 研修終了後に、新人同士の交流と情報交換及び気分転換の場を設ける。
  4. 必要時、臨床心理士との相談方法について、情報提供をする。

Ⅱ 新人看護師が到達目標を達成出来るよう教育的関わりを持って支援する。

  1. 基本的知識・技術を身につけ、科学的根拠に基づいた判断、及び安全で安心な看護実践が出来る看護師を育成する。

Ⅲ 委員会での教育実践や評価を通して、研修内容の向上を図る。

  1. 研修後、アンケートによる評価を実施する。
  2. 技術チェックを6月、9月、12月、3月で評価し、未充足・未経験技術をプリセプター・アソシエイトと連携し、経験・実施できるようにする。
  3. プリセプター、アソシエイトと連携し、各部署の新人教育年間スケジュールの目標達成に向け支援する。また、次年度に向けて各部署での新人教育スケジュールの内容を見直す。
  4. ナーシングスキルを活用し、院内で統一した看護が提供できるよう支援する。

お願い

平成30年度の主な活動内容

  1. 月ごとの研修会・技術チェックなどを実施・評価
  2. 4月の集合研修の見直しと企画・運営
  3. 技術チェックリストの見通し
  4. アソシエイトと協同し、各部署の新人教育計画を実施

201801

201802

研修風景 真剣です

当院の取り組み

勤務配置について

3月の入職前説明会で希望部署をお聞きし、希望部署へ配属しています。

プリセプター制度

新人看護師には、プリセプターとアソシエイトが付き、マンツーマンの指導が行われます。

看護技術チェックリスト

集合研修が終了すると、各配属部署で注射や採血などの個別指導を受けます。1年以内の習得を目指す項目

のチェックリストを全員に渡し、プリセプターやアソシエイトとともに、定期的にチェックや振り返りを行

っています。

夜勤勤務開始前のチェックリストもあります。クリアできれば、7月頃から夜勤勤務に就きます。(練習夜

勤は2回行っています)入職6か月後には、看護技術到達度評価と再指導を行っています。

月1回の集合教育

毎月第4水曜日に行われる新人教育は、新人看護師の成長を感じる場でもあります。フィジカルアセスメン

ト、安全な食事介助、予防的スキンケア、終末期看護、急変時の対応、多重課題など現場にすぐ役立つ慣習

を行っています。また、研修後の「お茶とお菓子でほっと一息」リフレッシュの会も催しています。日々の

緊張から離れ、新人看護師たちのリラックスした談笑の場となっています。

2019年度の予定

日時内容講師
4月17日(水) BLS  
4月24日(水) グループワーク  
5月22日(水)

心電図モニター

 

6月15日(土) 多重課題  
7月24日(水)

初歩的な急変時の対応

 
8月28日(水)

急変シミュレーション

 

9月21日(土) 静脈留置テスト  
9月25日(水) 看護必要度  
10月23日(水) 導尿  
11月27日(水) 安全  
12月25日(水) 薬・輸血  
1月22日(水) グループワーク  
2月26日(水) 看取りの看護  
3月25日(水) 1年の振り返り・修了式  

昨年度の様子

口腔ケア

 当院の歯科衛生士から、専門的な知識・技術について学びました。口腔内の保湿剤やスポンジブラシの使い方、マッサージの方法など、講義で学びながら、新人看護師同士が、患者さん役・看護師役になり、体験学習を行います。

翌日から現場の患者ケアに生かせる研修です。

201803

201804

ポジショニング・体位変換

モルテンベッドの方から、専門的な講義を受けた後、皮膚・排泄ケア認定看護師の専門的なアドバイスをもらいながら、ベッド上で、寝たきりの患者さんの体位変換や安楽なポジショニングについて体験できる研修です。

実際に患者役になり、ベッドアップや体位変換を通して体感したことから、より安楽なポジショニングについて学びます。

201805  
 

静脈穿刺実技テスト

感染面・安全面・患者対応を考慮した、静脈穿刺の基本的な技術の習得を目標に、チェックリストに従いテストを行います。

先輩看護師のチェックの下、緊張しながらも安全に行えるように、自分の知識・技術を確認します。

 

201806

多重課題演習

「多重課題」の演習が行われました。

普段の業務では、一度に何人もの患者さんから声をかけられることも珍しくありません。そんな時でも慌てず、正確に対応するためには、どんな点に注意すればよいかを、病棟での様子を再現してトレーニングしました。

3人の患者さん役は先輩看護師です。“患者さん”から「看護師さん、点滴がなくなりそうだから見てもらえる?」「看護師さん、トイレに行きたいんだけど。」と次々と新人看護師に声がかけられます。その後、新人看護師としてどう対応すればよいか、グループワークで検討します。患者さんの疾患や優先順位、応援体制の必要性など、様々な視点から話し合い、舞台上で新人看護師役の実践発表を行いました。患者さんの声に寄り添い、安全と安心に繋がる看護を目指して頑張っています。

201807 201808

研修後の新人ナースからの一言

  • 実際に行い技術が不足しているのがよく分かった
  • もっと練習して実践に生かしていきたい
  • 緊張したけど、とても自信がついた
  • 知識が不足しているのに気づいたので、勉強したい