メニュー

新人教育 - JAとりで総合医療センター看護部|高度医療から在宅医療まで

教育体制・キャリア支援

新人教育委員会の目標

Ⅰ 新人看護師が到達目標を達成出来るよう教育的関わりを持って支援する。

  1. 基本的知識・技術を身につけ、科学的根拠に基づいた判断、及び安全で安心な看護実践が出来る看護師を育成する。
  2. 看護師・社会人として倫理的配慮ができ、思いやりのある看護師を育成する。
  3. 組織の一員として責任ある行動をとり、看護師・社会人としての言葉使い・接遇を考慮した態度を道に付けた看護師の育成をする。

Ⅱ 新人看護師が職場に適応できるように精神的支援をする。

  1. 研修後新人看護師の情報共有・交換の場を提供、必要時関わりを持つ。
  2. 必要時、臨床心理士の介入を考慮する。

Ⅲ 委員会での教育実践や評価を通して、委員の教育・指導能力の向上を図る。

  1. 研修後のアンケートの評価
  2. 技術チェックの評価から未充足・未経験技術をプリセプター・アソシエイトと連携し経験・実施できるようにする。
  3. 病棟での新人教育計画全体をアソシエイト・現任教育と協力して実施する。
  4. 委員会として病院全体統一した看護の提供ができるようにする。

 

お願い

平成28年度の主な活動内容

  1. 月ごとの研修会・技術チェックなどを実施・評価
  2. 4月の集合研修の見直しと企画・運営
  3. 技術チェックリストの見直し
  4. アソシエイトと協同し、各部署の新人教育計画を完成させる。

 

DSCF5305

研修風景

真剣です

真剣です

当院の取り組み

勤務配置について

3月の入職前説明会で希望部署をお聞きし、希望部署へ配属しています。

プリセプター制度

新人看護師には、プリセプターとアソシエイトが付き、マンツーマンの指導が行われます。現場での相談役として心強い味方です。期間は1年間です。

看護技術チェックリスト

就航研修が終了すると、各配属部署で注射や採血などの個別指導を受けます。1年以内の習得を目指す項目のチェックリストを全員に渡し、プリセプターやアソシエイトとともに、定期的にチェックや振り返りを行っています。
夜勤勤務開始前のチェックリストもあります。クリアできれば、7月頃から夜勤勤務に就きます。(練習夜勤は2回行っています。)入職6か月後には、看護技術到達度評価と再指導を行っています。

月1回の集合教育

毎月第4水曜日に行われる新人教育は、新看護師の成長を感じる場でもあります。フィジカルアセスメント、安全な食事介助、予防的スキンケア、終末期看護、急変時の対応、多重課題など現場にすぐ役立つ研修を行っています。また、研修後の「お茶とお茶菓子でほっと一息」リフレッシュの会も催しています。日々の緊張から離れ、新看護師たちのリラックスした談笑の場となっています。

平成29年度の予定

日時内容講師
4月26日(水) フィジカルアセスメント 救急看護認定看護師
5月24日(水)

予防的スキンケア

食事介助、ポジショニング

皮膚・排泄ケア認定看護師

言語聴覚士

6月17日(土)

技術チエック

(混注・プライミング・速度調節)

新人教育委員会
6月28日(水)

安全教育①

安全委員会

6月(4回) 演習:人工呼吸器の使い方① 臨床工学技士
6月22日(水) 予防的スキンケア 皮膚・排泄ケア認定看護師
7月26日(水) 食事介助・誤嚥防止  言語聴覚士
7月(4回) 演習:人工呼吸器の使い方② 臨床工学技士
8月23日(水) モニター・心電図 循環器病棟Ns
臨床工学技士
8月(4回) 演習:人工呼吸器の使い方③ 臨床工学技士
9月16日(土) 多重課題演習 新人教育委員会
9月27日(木) 看護必要度 主幹会
9月(4回) 演習:人工呼吸器の使い方④ 臨床工学技士
10月25日(水) 導尿・浣腸  
11月13日(土) メンタルヘルスについて 臨床心理士
11月18日(土) 技術チエック・静脈注射 新人教育委員会
12月27日(木) 急変時対応 救急看護認定看護師
1月24日(水) 安全教育② 安全委員会
2月28日(水) エンドオブライフケア 緩和認定看護師 
3月28日(水) 1年の振り返り、認定証授与  

昨年度の様子

 開催月テーマ開催月テーマ
4月 フィジカルアセスメント① 5月 食事介助
ポジショニング
6月 予防的スキルケア 7月 技術チェック
看護診断
8月 フィジカルアセスメント② 9月 安全
10月 プライマリーナーシング
多重課題講習
11月 技術チェック
静脈注射
12月 終末期看護 1月 フィジカルアセスメント急変時
2月 コミュニケーション 3月 一年の振り返り
終了証授与

食事介助

 

当院のSTを講師に食事介助の研修を行いました。 2015年5月

食事介助

食べにくい姿勢を取って、食べさせてもらいました。本当に食べにくく、飲みにくかったです。明日から食事介助に生かしていきたいと思います。

食事介助

わざと足を上げないで上体だけベッドアップしてみました。身体がずれて、食べにくいですね。

20150602 160621 3978

食事介助

WOCナースのスキンケア講義の後に洗浄方法・ドレッシング剤の貼布・はがし方の方法を
グループで行いました。
2015年5月
新人ナースからの一言
  • 実際に行い技術が不足しているのが良くわかった。
  • 練習して実践に生かしていきたい。
  • 泡の力や種類により効果が違うことがわかった

技術テスト

意見として
  • 緊張して大幅に時間が上回ってしまった。
  • 薬剤の効果や何の薬か勉強しなくてはいけないと痛感した。

などが有り、各所属部署で安全に行えるように自分の技術・知識を確認しました。

多目的課題講習

10月17日、31日に「多重課題」の講習が行われました。


普段の業務では、一度に何人もの患者さんから声をかけられることが珍しくありません。そんな時でも慌てず、正確に対応するためには、どんな点に注意すればよいかを、病棟での様子を再現してトレーニングしました。


3人の患者さん役は先輩看護師です。“患者さん”から「看護師さん、点滴なくなりそうだから見てもらえる?」、「看護師さん、トイレに行きたいんだけど。」と、次々と新人看護師に声がかけられます。新人看護師は緊張した面持ちで、てきぱきと対応。5分間の実践トレーニングが終わると、「もっと具体的に説明した方が、患者さんは安心すると思います。」などと、指摘を受けていました。


患者さんに寄り添う看護を目指して頑張っています。

20151124 114054 7285 20151124 113619 6443 20151124 113723 5860