メニュー

部署紹介 - JAとりで総合医療センター看護部|高度医療から在宅医療まで

看護部紹介

「脳神経外科・呼吸器内科病棟のご案内」

 

3階南病棟は、脳神経外科と呼吸器内科の病棟です。急性期から慢性期まで、患者さんの状態に合わせた治療・看護の提供が行えるよう心がけています。患者さんの多くは意識障害や麻痺による運動障害、嚥下機能低下が残存しています。そのためリハビリを経て退院となるまで、リハビリとの連携や薬剤部門、栄養部門、退院支援など専門分野との多職種連携を行っています。 3S
介護福祉士も配属されており、主に清潔ケアを担当しています。
20130722 160931 9872
医師、リハビリ、ケースワーカー、薬剤師、看護師による合同カンファレンス風景  

 

 

「腎臓内科 膠原病・リウマチ科病棟のご案内」

 

3階西病棟には、腎臓疾患(腎不全、ネフローゼなど)や膠原病(ANCA関連血管炎など)の方が主に入院されています。慢性腎不全の方の透析導入や教育、血液透析・腹膜透析治療・管理においては、医師を中心に看護師・薬剤師・栄養師・臨床検査技師・MSWなどのコメディカルが協力し治療・看護を行い患者様を支えていきます。また、透析センターが隣接され、密な連携を図ることにより、安心して透析治療が受けられる環境を整えております。 3w

 

 

20160517 154815 3653

腹膜透析カテーテル交換

 

「循環器内科・血液内科病棟のご案内」

 

血液疾患の化学療法や輸血療法が多数行われています。CCUでは急性心筋梗塞をはじめとする循環器疾患の患者管理を行っています。安心して入院生活を過ごし、退院後も療養生活が送れるよう、スタッフ一同力を合わせて治療・看護に取り組んでいます。

 

 

 

4s

 

20130702 141817 7901

心臓カテーテル検査

 

 

「神経内科病棟のご案内」

 

神経内科病棟はSCUを含む37床の病棟です。主に脳卒中やパーキンソン病などの神経難病の患者さんが入院されています。医師・看護師以外に理学療法士・言語聴覚士・作業療法士・ソーシャルワーカー・歯科衛生士・栄養士など、いろんな職種のスタッフが多く関わっています。

 

4w
   

 

20160818 111017 8610

重症患者さんの機器管理および日常生活の援助を24時間行っています。

20160818 111140 2137

脳卒中や神経難病の患者さんの麻痺の状態を日々確認しています。

 

「消化器内科・内分泌代謝内科病棟のご案内」

 

消化器内科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の消化管と、肝臓・胆嚢・膵臓を主とした消化器疾患の診断と治療を行なっています。吐血・血便などに対する内視鏡的止血術や胆嚢炎・急性膵炎・胃腸炎などの炎症疾患、輸血や抗がん剤治療など多岐にわたります。急性期にはナースステーション隣の病室での観察・対応をしています。安全で安心して少しでも快適に療養生活を過ごしていただけるよう、スタッフ一同思いやりの心を大切に日々研鑚しています。 4e
内分泌代謝内科は、平成27年4月に新設されました。主に糖尿病などの代謝疾患です。甲状腺・副腎などの内分泌疾患の検査・治療も行なっています。糖尿病の特徴は患者さん自身が管理できる疾患という点で、治療自体がセルフケアに密着しています。そこで教育入院という形で約1週間の入院期間中に疾患、合併症、薬剤、食事、運動など様々なことを学習できるプログラムを実施しています。27年度は、94人の方が参加されました。入院中は適切な食事を摂りながら、自身での血糖測定により1日の中での血糖値の変動を知ることができます。高血糖にさらされていることはなかなか自覚できないため、行動を起こすことは容易ではありません。教育入院に参加するという決意をされて一歩を踏み出された患者さんが、セルフケアを確立し継続できるように、関連する専門職種で連携して支援しています。

 

 

「整形外科・耳鼻科・皮膚科・口腔外科病棟のご案内」

 

階南病棟は整形外科病棟。耳鼻科、皮膚科、内科の混合病棟です。整形外科医師4名、リハビリ科医師1名、耳鼻科医師2名、皮膚科医師3名、看護師27名、看護補助者3名、医師事務作業補助者1名の33名で患者さんの回復にむけてサポートしています。整形外科では大腿骨頚部骨折、変形性関節症、上肢の骨折、脊椎疾患を有する方の入院が多く、急性期から周術期、リハビリ期の看護が中心となります。リハビリテーションや在宅支援に向け、多職種との連携や当院を含めた回復期リハビリテーション病院との医療連携も行っております。 5s
耳鼻科は病棟内に耳鼻科の診察ユニットを設けておりますので、緊急時は病棟での診察も可能です。皮膚科は、帯状疱疹や蜂窩織炎等の入院が多く、若いスタッフが多い病棟ですが、チームワークも良く笑顔あふれる病棟です。今年4人の新人看護師が入りました。
先輩看護師の指導のもと、日々頑張っています。

 

 

20160427 145752 3496

ipodタッチを使用した点滴確認作業の風景です。

 

「外科病棟のご案内」

 

胃がん・大腸がん・乳癌・食道がん・胆石胆嚢炎・急性虫垂炎・ヘルニアなどの治療を専門的に行う、外科の病棟です。また、大腸癌の手術などで、ストーマ造設術をおこなった患者さんには、退院後もストーマ外来と連携を持ちながら、患者会「コスモスの会」を開催しています。日々患者さんの安全・安楽・安心を心がけた医療と看護を提供しています。

 

 

5w

 

 

 


20151113 150044 8275

毎日行われる外科回診 

「産婦人科病棟のご案内」

 

産婦人科病棟は、産科と婦人科の混合病棟でベッド数は40床です。産科は自然分娩・母乳育児に力をいれています。分娩という人生で数回の貴重な体験を、より納得のいく幸せな体験となり、育児がスタートできるようサポートさせていただきます。妊娠中は、助産師外来での指導・母親学級(夫も参加できます)・マタニティビクス・マタニティヨガを行っています。出産後は、電話訪問による育児相談・インファントマッサージ(赤ちゃんマッサージ)を行っています。 n4
また、当院はNICU(新生児集中治療室)を完備しており安心して出産できる体制を整っています。平成24年12月からは新棟に移転いたしました。LDR(陣痛・分娩・回復室)のお部屋を3室導入し稼働しています。婦人科は子宮や卵巣などの女性生殖器の治療・看護に携わっています。女性医師も充実しており年齢を問わず女性のライフサイクルを通して手厚い看護を行っています。スタッフ一同、若さとパワーで精一杯、入院生活を支援させていただきいと思います。

 

 

平成26年7月8日より病棟のお祝い膳に加え、出産後赤ちゃんとの生活がスタートしたお母さんにゆったりとした幸福に満ちた時間を提供するために病院からのプレゼントのお祝いランチの会食が始まりました。

20140903 133140 2312

20140903 133224 8405

20140903 133225 9706 

 

  • まるでレストランに来たような暖かくておいしいお料理で満足しました
  • 至福の一時を満喫できました
  • シェフのこだわりが伝わってき、これからの育児、がんばって行こうという気持ちになりました
  • ママたちと楽しくおしゃべりしながらのランチはとてもおいしかったです
20140903 134246 3279

 

当院では、出産を安全に行うため、里帰り分娩の時期を下記のようにお願いしています。

里帰り分娩希望の方は20週で1度当院へ来院し、分娩予約をして下さい。来院時は、可能な限り紹介状をご持参ください。
その後は、再び紹介状を持参の上、34~35週に妊婦健診を当院でお受けください。
合併症(高血圧・糖尿病・甲状腺機能亢進など)や双胎、前置胎盤などリスクがある方は、28週以降の妊婦健診を当院でお受けください。

20141209 134227 4757
★里帰りの方でも、当院の母親学級を受講できます。希望する方は外来で受け付けています。
その他、不明な点はお気軽にお尋ねください。
0297-74-5551㈹ 内線1296 産婦人科外来

 

 

 

20130228 150153 8371

マタニティ・ピクス

 

「小児科・小児外科病棟のご案内」

 

 当科では、0~14歳までの子どもさんを対象とした全科の入院に対応しております。小児特有の疾患をはじめ、平成29年4月から新たに小児外科を開設したため、盲腸や停留精巣などの外科的疾患の手術などにも対応出来るようになりました。
病棟には保育士が常勤しており、一時付き添いや保育、入院中の生活面のサポートを行っております。また、保護者の方が外出された時のお預かりなどにも対応しております。
 入院中の子どもさんが少しでも入院生活を前向きに、また楽しく過ごせるように、看護職員・保育士一同サポートをしております。
n5
 また、病棟の廊下や、処置室にはイラストなどを飾り、検査や治療への恐怖心を緩和する環境作りを行っております。子どもさんとご家族が納得して治療に臨むことが出来、一日も早く元気な笑顔で退院出来ることをスタッフ一同目指しています。

 

DSCF1113補正

DSCF1121 

 

「NICU」  
 35週以上1800g以上の早産児や呼吸障害、黄疸などの治療が必要な赤ちゃんが入院しています。早産で生まれた赤ちゃんは、成長や発達が未熟な場合や、外的環境に適応することが難しい場合があります。このため、赤ちゃんの疾患や週数に合った姿勢に整えたり、音や光による刺激を少なくするなど、“お母さんの子宮の中に近い環境”に近づけるケアを行い、運動発達の獲得、自己制御行動の獲得を目指したケアを行っています。 DSCF1132
 生まれてまもなく赤ちゃんとお母さんは、離れて過ごすことになります。このため、母子愛着をスムーズに形成でき、退院後も安心して養育ができるように、母乳栄養を中心とした育児指導を行うなど、お母さんと家族への精神的ケアなども行っています。

 

 

 

 

「回復期リハビリテーション病棟のご案内」

 

大きな病気や怪我をすると「急性期病院」と呼ばれる病院で治療を受けます。「急性期病院」は生命を救うことが大きな目的であるため、生命の危機を脱すると退院を勧められることになります。しかし多くの患者さんは、この時期にはまだ心身のダメージは残っており、元の生活に戻ることは難しく、受け入れる家族も困惑することが多くみられます。 n6
これを解決するために「回復期リハビリテーション病棟」が平成12年から各地で開設され始めました。
つまり、この病棟は生命の危機を脱してもサポートが必要な患者さんを対象として、入院の上で自然回復を促す環境を作り、多種の医療専門職がチームを組んでリハビリテーションを集中的に行ない、良い状態で自宅退院、社会復帰することを目的とした病棟です。

 

 取手市在住で下記にあげられた回復期リハビリテーションの条件に適合し、自宅退院および社会復帰を考えている患者さん。

(当院以外の急性期病院からも受け入れます。また血液透析など、当院以外では困難な処置、治療が必要な患者さんは、取手市以外在住でも入院可能です)
入院の「適合・不適合」の判定会を全ての申し込み患者さんに対して行い、入院の可否を決めます。

「対象疾患と入所期限日および入院日数」
• 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後又は手術後、義肢装着訓練を要する状態
• 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷

(発症または手術後2ヶ月以内) 150日まで

大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症又は手術後の状態

(発症または手術後2ヶ月以内) 90日まで

外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態

(手術後又は発症後2ヶ月以内) 90日まで

大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態

1ヶ月以内)60日まで

股関節又は膝関節の置換術後の状態

(1ヶ月以内)90日まで

「入院までの手順」
当病棟への入院相談は医療福祉相談室でご相談を承ります。
お電話の後に、ご入院中の病院担当者と連絡をとり、必要に応じた書類をFAXして頂き、その書類をもとに「入院判定会議」を行います。当病棟入院条件を満たされた場合、当方より電話連絡を行い、ご家族による(特別な希望がない場合、ご本人の来院は必要ありません)入院面談の予約をお取りします。この入院面談は当院のサービス、入院条件をご了承いただいた上で、入院の意思を確認するためにお越しいただきます。面談の際に問題がない場合は、入院のご案内(予約)を致します。後日、ベッドの調整ができ次第、入院日のご連絡を差しあげます。
まずは下記までご連絡ください。
医療福祉相談室
TEL: 0297-74-5551(代)内線2403・1396
FAX: 0297-74-5571(直通)
受付時間: 月~金(除祝日)9:00~17:00
「入院手続きについて」
当日、午前10時までに病院1階入退院受付においで下さい。
所定の手続き後、担当者が迎えにまいります。
手続きに必要なもの
1. 健康保険証および各種医療証
2. 入院誓約書
3. 保証金
4. 前医からの必要書類
(退院時要約や退院証明書、レントゲン写真など

アクセス
1.JR取手駅(地下鉄千代田線取手駅)より関東鉄道バス
 西口バス停(JAとりで総合医療センター行き)10分
2.JR取手駅西口より、タクシーで5分

 

JAとりで総合医療センター
〒302-0022 取手市本郷2-1-1
TEL 0297-74-5551
FAX 0297-74-2721